じゃばらジュース

北山村産のじゃばらジュースが花粉症対策におススメって本当!?

投稿日:

毎年この時期、戦々恐々としている人は多いのではないでしょうか?

そう、花粉が飛び散る季節です。

花粉症の人は、本当に気の毒になるぐらい辛い症状に苦しんでいますよね。

 

花粉症の対策として、主に手術や注射、薬の服用などが挙げられると思います。

 

でもどれも完治する保証もないし、費用もかかるし、手術とかちょっと怖いですよね。

そんなあなたにおススメなのが、

 

北山村産のじゃばらジュースです。

 

どうしておススメなのかっていうのをこれから説明していきますね。

そもそも「じゃばら」って?

じゃばらジュースの「じゃばら」ってなんでしょう。

 

私も最初に聞いたときは?? 文房具のジャバラファイルに関係するもの??なんて恥ずかしながら思っていました(^^;。

 

【じゃばら】というのは、実は柑橘系の果実なんですね。

ゆずやカボスをイメージしてもらえれば分かりやすいと思います。

「じゃばら」は和歌山県の北山村に自生する、ゆずや温州みかんなどの自然交配で生まれた酸味の強い柑橘類で、もともとは村民の敷地に1本だけしか存在していなかったそうです。

 

種がほとんどないため、接ぎ木で1本ずつ増やし、30年かけて現在は8,000本が栽培されています。邪気を払うことから「じゃばら」と名づけられ、地元では正月料理に欠かせない柑橘となっているということです。

 

※北山村というのは、和歌山県のどの市町村とも隣接していない、全国唯一の飛び地村だそうです。

ちょっと豆知識でした(^^♪

「じゃばら」に含まれる成分は?

それでは、どうして私がこの「じゃばら」をおススメしているのかというと、

それは「じゃばら」にはフラボノイド成分の「ナリルチン」が非常に多く含まれているからです。

このナリルチンは他の柑橘類にも含くまれていますが、「じゃばら」は、だいだい、ゆず、すだち、温州みかん、グレープフルーツ、伊予柑などと比較してもはるかに多いのです。

花粉症というのは、体内に侵入した花粉などの抗原によりヒスタミンやロイコトリエンといった化学伝達物質が放出されることで、くしゃみや鼻水、涙目が発症される症状です。

 

これを脱顆粒現象といいますが、ナリルチンにはヒスタミンの放出を抑え、脱顆粒現象を抑制する働きを持つことがわかっています。

ナリルチンの効果とは?

実際に、臨床試験やモニター試験でもすぐれた結果が報告されています。

まず、花粉症に悩む男女143人にじゃばら果皮の粉末360mgを含むカプセルを15日間飲用してもらいました。

その結果、約70%の人たちが花粉症の改善を実感したと回答したということです(改善されたが18%、やや改善されたが49%)。

この調査で「症状が変わらない」「無回答」だった人の中にはすでに花粉症の薬を服用している人が多く、じゃばら本来の効果がわからないと答えている人も多く見られ、実際の改善率はもう少し高いのではないかということです。

引用元:㈱ラメールの「じゃばらの花粉症等アレルギーに対する効果」より

じゃばらジュースのこだわりポイント!

 酸っぱくないから、美味しく飲み続けられる!

このじゃばらジュースは、実はぜんぜん酸っぱくないんです。柑橘系のジュースって酸っぱいイメージがどうしてもありますよね。

でも全く酸っぱくないので、毎日でも美味しく飲み続けられるんです。

 

 果汁より果皮!ナリルチン含有量が13倍!

ナリルチンは、果汁より果皮に多く含まれています。市販のジュースは、果汁○○%とあるように果汁を使用していますが、じゃばらジュースは果皮を含むことで、ナリルチンを多く摂取することができます。その含有量は実に13倍!

 

 お子さんやお年寄りの方も安心して飲めるように!

じゃばらジュースは、粉末タイプのジュースで、水に溶かして飲みます。ですので、必要なときに必要な量だけ飲むことができるので、一度にたくさん飲まないお子さんやお年寄りの方も安心して飲むことができます。

じゃばらジュースの他のアイテム

実は、北山村産のじゃばらジュースには、錠剤タイプのサプリメントもあるんです。

粉末を溶かすだけの水やコップが手元になくても、サプリメントなら便利ですね。

まとめ

モニター試験でもナリルチンの効果が実証されています。

全員に効果がある保証はないのですが、花粉症でお悩みの方、一度じゃばらジュースをお試しになってはいかがでしょうか。

花粉症で苦しんでいて、いろいろ対策をしていても効果がないと嘆いているあなたにぜひ試して頂きたいです。

 

詳しく知りたい方は公式サイトを覗いてみてください。

↓↓こちらから

-じゃばらジュース
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした